(Windows 2016 Datacenter) Oracle 12c R2 SE 64bit 版 DBCA が「データベース作成の完了」から進まない問題の対応

進行状況が DBCA の画面なら「クローン・データベース “orcl” の作成 進行中」で 59% から何時間経っても進まず、dbca -silent -responseFile resFile.rsp のサイレントインストールなら 58% から一切進まずエラーも出ない状況に遭遇したので対応を記します。

結論としては、DBCA のウィザードで「データベースの作成」「レスポンスファイルの保存」「データベース作成スクリプトの生成 」とあるうち
「データベース作成スクリプトの生成 」 を行い、バッチファイルから各種構築をコマンドプロンプト上で実行させる事で解決出来ました。

データベース作成処理の途中、postDBCreation.sql の実行中に [Connection using O/S Authentication failed. Enter userid that can connect as SYSDBA:] と表示され入力待ちになりましたので、おそらくここが「進まなかった箇所」ではないかと思われます。SYSと入力してそのパスワードを続けて打ったら進みました。(ウィザードの方でもちゃんと入力 UI を出せよ!)

これだけで何時間も潰されたの、実に null じゃありゃせんか?人生 null じゃありゃせんか?

SVN のレポジトリ構成(フォルダ構成)を変更して移行する
  • 移行元レポジトリで svnadmin dump コマンドでレポジトリのダンプを取る(仮に svnadmin dump C:\svn-1\X-rep > D:\dump.dat とする)
  • 移行先レポジトリを作る (仮に X-rep とし、レポジトリルートパスが D:\svn とする)
  • 移行先レポジトリに任意のサブフォルダを作る (仮に Y-dir/Z-dir とする)
  • 移行先レポジトリで svnadmin load D:\svn\X-rep –parent-dir Y-dir/Z-dir –normalize-props -F D:\dump.dat と入力し確定する(–parent-dir オプションはサブフォルダまで含めて指定できる!)
  • 以上!

職場で Subversion のレポジトリを移行する必要が出てきたので、まともなプロジェクトフォルダ構成にしたくて調べていたら –parent-dir オプションが直下だけではなくサブフォルダまで指定できるというのが分かったのでメモです。

Windows Update 以降の不安定、Avira のせい??

2019年4月のWindows Update以降、かなりの頻度で画面操作がフリーズし応答不能になるアプリケーションが後を絶たず、困っている。と、突然アンチウイルスソフトウェアである Avira がプログラムを自動更新したらしく再起動要求をしてきた。

もしかして、こいつのせいでは……??

Windows Update (2019.04) 新元号 令和対応間に合わず

皆さんご存知の通り、2019年4月1日11時41分の政府公表により、新元号は令和になりました。Windows は明治以降の元号をレジストリで管理していますが、4月のアップデートには入っていませんでした。

業務で対応しなければならない皆さん、お疲れ様です。

Windows 7 環境のコマンドプロンプトでファイルの MD5, SHA1, SHA256, SHA512 を得る

PowerShell version 4 以上ならば Get-FileHash コマンドを使う事でファイルハッシュ値を得ることが出来る。

したがって、Microsoft 公式サイトで配布されている Windows Management Framework 4.0 以上をインストールしてしまえば良い。

なお Windows 10 以上は最初から PowerShell version 5 以上なのでインストールせずとも良い。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/scripting/install/installing-windows-powershell?view=powershell-6

追記:CertUtil コマンドでもハッシュ値を得ることができる。openssh コマンドで得るやつは標準ではないし少数派かな。

スマートカレンダー構想
  • なんでカレンダーってまだ紙なん?電子で良くない?エコじゃない?
  • せっかく壁はスペースがでかいんだ。カレンダーなんだから壁掛けで使おう。
  • 今のカレンダーは種類が多すぎる。ボタンで切り替えれば良くない?
  • 電波時計埋め込みで自動日めくりカレンダーとかできる。
  • 自動日めくりなんだから、もうこれで、いちいちめくる必要がないぞ。ジジババにも安心だ。
  • 日めくり、月めくり、年一括がピンチアウト、ピンチインで変えられる
  • タップするとメモが書けるぞ!デジタルなのにアナログまで対応すると切り替えもスッと!
  • スマートフォンのカレンダーや Google カレンダーと同期が取れる。なにぃ!?
  • 予定がある日は声(駅のアナウンスに近いやつ)やアラームを鳴らせる
  • iPad みたいに壁紙を好きに切り替える事ができる
  • 日めくりカレンダーのように壁紙を自動切り替えするとおもろい
  • コラボして壁紙に日替わりでポケモン表示とかできる。
  • 喋る。ピカチュウ!
  • なんの意味もないな。だがそれがいい。
  • そろそろ書くの飽きた。
  • 未来、夢、希望。
Excel のセル書式を「文字列」にすると「標準」に戻しても数式が反映されない現象の対応方法

Excel は「文字列」 書式にした後に「標準」や「数値」に設定しても文字列のままで、一度編集しないと式や数値が反映されないという不思議な動作をする。問題になりがちだが、少なくともこれは Excel 97 から Excel 2016 までずっと変わっていない。

列単位でこれを一括変更するには、以下のように対応する。

  • 列(1 列の全体または一部)を選択する
  • データの区切り位置ウィザードを開く
  • 列の分割無し、書式を標準に設定して完了する。

ちなみに RelaxTools アドオンでは「書式リフレッシュ」という機能があるのでそちらを利用しても良い。https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/relaxtools/

LibreOffice の挿入仕様が我慢ならない

いつまで経っても Excel では日常的に使う「コピー挿入」が出来ないので、真面目に有償オフィスソフトの購入を検討しはじめました。とりあえず Kingsoft Office を試して、ダメそうなら本物の Microsoft Office で検討ですかね……。

ちなみに Kingsoft Office は現在では名前が変わって「WPS Office」になったようです。https://www.kingsoft.jp/office/