スマートカレンダー構想
  • なんでカレンダーってまだ紙なん?電子で良くない?エコじゃない?
  • せっかく壁はスペースがでかいんだ。カレンダーなんだから壁掛けで使おう。
  • 今のカレンダーは種類が多すぎる。ボタンで切り替えれば良くない?
  • 電波時計埋め込みで自動日めくりカレンダーとかできる。
  • 自動日めくりなんだから、もうこれで、いちいちめくる必要がないぞ。ジジババにも安心だ。
  • 日めくり、月めくり、年一括がピンチアウト、ピンチインで変えられる
  • タップするとメモが書けるぞ!デジタルなのにアナログまで対応すると切り替えもスッと!
  • スマートフォンのカレンダーや Google カレンダーと同期が取れる。なにぃ!?
  • 予定がある日は声(駅のアナウンスに近いやつ)やアラームを鳴らせる
  • iPad みたいに壁紙を好きに切り替える事ができる
  • 日めくりカレンダーのように壁紙を自動切り替えするとおもろい
  • コラボして壁紙に日替わりでポケモン表示とかできる。
  • 喋る。ピカチュウ!
  • なんの意味もないな。だがそれがいい。
  • そろそろ書くの飽きた。
  • 未来、夢、希望。
Excel のセル書式を「文字列」にすると「標準」に戻しても数式が反映されない現象の対応方法

Excel は「文字列」 書式にした後に「標準」や「数値」に設定しても文字列のままで、一度編集しないと式や数値が反映されないという不思議な動作をする。問題になりがちだが、少なくともこれは Excel 97 から Excel 2016 までずっと変わっていない。

列単位でこれを一括変更するには、以下のように対応する。

  • 列(1 列の全体または一部)を選択する
  • データの区切り位置ウィザードを開く
  • 列の分割無し、書式を標準に設定して完了する。

ちなみに RelaxTools アドオンでは「書式リフレッシュ」という機能があるのでそちらを利用しても良い。https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/relaxtools/

LibreOffice の挿入仕様が我慢ならない

いつまで経っても Excel では日常的に使う「コピー挿入」が出来ないので、真面目に有償オフィスソフトの購入を検討しはじめました。とりあえず Kingsoft Office を試して、ダメそうなら本物の Microsoft Office で検討ですかね……。

ちなみに Kingsoft Office は現在では名前が変わって「WPS Office」になったようです。https://www.kingsoft.jp/office/

0 バイトの空ファイルを Windows のコマンドプロンプトから作成する方法

色々方法があるが、かなり古い Windows 9x 時代から Windows 10 まで安定する方法がこちら。

type nul > ファイル名

上記は空のファイルを出力した結果をファイルにリダイレクトする方法となる。

他にも、rem 文の実行結果をリダイレクトする方法や、空の echo をリダイレクトする方法もあるが、Windows のバージョンによって動作が異なるため、上記コマンドが最も安定して動作する。ちなみに、nul とは Windows の予約ファイル名であり、どの場所からでもアクセス出来る。UNIX 系 OS の /dev/null と等しい。勿論このファイル名でファイルを作る事は出来ない。

なお、このエントリーは前にも書いたのだが、DB破壊により消失したためもう一度書いている次第である。

案件フォルダの作成方法を体系化しよう

デスクトップに散乱したファイル達を見たことがあるか

IT系に従事するプロであっても、パソコンの中のファイル整理が下手くそな人は多い。そんな人は大抵、デスクトップがメチャクチャだ。「一体あのファイルはどこにあるんだ?」と自分で作った重要なファイルすら分からなくなってしまう人もいる。探しているだけ工数の無駄である。

誰も整理方法を教えてくれない

それはそうだ、誰もそんな事を教えてくれないから、思い思いの方法で勝手にやってるだけだから、そうなってしまうのだ。体系化されていないものは管理できない。幸いにして、私は開発に従事して1年目からフォルダできちんと整理する事を教わったので適当に共有しておくことにする。

どうすればいいか

とにかく「考えなくとも、見ただけで、誰でも、何が、どこに、あるか分かる」というのが最も重要なところなので、ずばり一連のプロジェクト工程の区切を名付けてあげるのが一番良い。なお、全てのフォルダはバッチで mkdir で作って、あとから必要なもの以外を削除またはWORKフォルダにでも移動すればいい。

工程のフォルダを作る

01.要件定義

提案かユーザの要望で発生した案件の課題管理や要件整理を行う。大々的な要件定義フェーズがなくメールでポイと来た案件は、やりとりしたメールを保存してあとは課題管理表だけで済ませたりもする。ちなみに、この名前でフォルダを作る。数字を付ければどんな環境でも名前順ソートくらいは出来るので、最初だと分かる。

02.環境構築

環境移行または初期開発でよく使う。「環境定義」でも良い。実はそんな資料が無くて作るしかないパターンでも使う。サブフォルダとして更に「01.ハード」「02.ソフト」「10.構成図」なんかも考えられる。

10.基本設計

初期開発の時か、ぼんやりしたイメージの作成にしか使わない。いわゆる外部設計。主にUIとI/Oを決める。

20.詳細設計

保守開発だとここからいきなり始まる場合が多い。データのセット仕様を元にして、個々の正常系&異常系のケースで結果はどうなるのか、プログラマーが実装するにあたり必要な情報を書く。設計段階でマスターとして追加するデータは決まるので、サブフォルダまたは「21.データセット」としてトップフォルダに置く場合がある。ジョブフローなんかもここに入れる。

30.実装

ソースコードを収める。案件によっては、プログラム設計も入る。WinMerge あたりで単純フォルダ比較できるようにフォルダ構造ごと修正前と修正後で分けて保存する。差分があるファイルだけでよい。ちなみに私は「コードを書く工程」と「単体テストをする工程」は全然別物だと考えているタイプなので、「製造」とは言わない事にしている。

40.検証

保守開発だと単体テストと受け入れテストしかされない。必要なだけサブフォルダを作る。

50.リリース

最後にリリースだ。リリース判定の書類、リリース物のチェックリスト、最終的に確定したリソース(データやモジュール)、本番リリースの作業エビデンス(証跡、証憑とも言う)を入れる。

60.事後対応

リリース後に何かちょっとした追加作業が発生した場合ここに発生日付と共に入れる。

99.WORK

一時フォルダだ。あとで消すやつ。

WordPress 導入

いい加減に、このドメインのデータが壊れたままなのをどうにかしておきたいよねって事で、前々からこれがいいと直感していた WP を導入しました。色々備忘録を残していきましょう。